“荒木飛呂彦はインタビューで、『ジョジョの奇妙な冒険』を描く上のルールとして「悪と善は和解させない」「悪を善に改心させない」「悪に同情を誘うエピソードを添えない」といった事柄を挙げていた。まったくそのとおりだと思う。しかもこれは、非常に洗練された善悪観であるように思える。”